自分に合う商品を

聴診器で聞く

補聴器の選び方について説明します。補聴器には大まかに分けて3タイプ存在しています。耳穴タイプは、耳の中に入れて使うタイプの補聴器で、聴力が軽度のものから中程度の人に向いています。このタイプのメリットは、補聴器が外部から目立ちにくい、音の質感が自然に聞こえる、メガネを掛けていても邪魔にならないなどです。 また、耳掛けタイプは、聴力が軽度から重度の人が使用するもので、その特徴は幅広い聴力に対応できる、電池の交換が簡単であることです。 最後に、ポケットタイプですが、これはポケットの中に補聴器本体を入れて、付属しているマイクで聞き取る機械です。このタイプの特徴は、価格が安価、単3電池で動作するものが多く取り扱いが楽であるということです。 補聴器は自分の環境や聴力に応じたものを選ぶといいでしょう。

最近の補聴器はデジタル式のものが増えてきています。デジタル式は従来のアナログ式よりも優秀にできておりその機能は、雑音をカットできるノイズリダクションで、音声と雑音を容易に聞き分けることができる機能や、正面から聞こえてくる音声や生活音を聞き取りやすくなる、などの従来のアナログ式の補聴器にはない高性能な機能が備わっています。 デジタル式補聴器の選び方ですが、このタイプは音量を調整でき融通が利くので幅広い聴力の人に対応しています。なのでデザインで選ぶという遊び心のある選び方をするのもいいでしょう。 また、デザインだけでなく、カラーリングも豊富に存在しているのでカラーで決定するという選び方をしてもおもしろいでしょう。