補聴器の選び方

看護婦になる

補聴器は聴力が低下して聞こえにくくなった方が利用するもので、使用することで周囲の音がよく聞き取れるようになります。 補聴器には、一般的に、箱型(ポケット型)、耳かけ型、耳穴型の3種類があります。音の分析の仕方もデジタル式とアナログ式があります。価格は、精度やメーカーによって差はありますが、有名でアフターサービスがきちんとしている補聴器メーカーならば、箱型が6万円前後、耳かけ型・耳穴型が20万円が標準価格です。 これよりも、もっと手ごろな価格の商品もあり、「試しにどんな聞こえ方になるかつけてみたい」という方に向いています。そういう意味では、気軽に補聴器を利用できる時代になってきたとも言えます。値段だけでなく「自分にとって補聴器が必要な状況」はどういう状況かを考えて選ぶことが良い選び方ともいえます。

補聴器は、初期の頃は箱型だけでした。しかし、コードが手等にひっかかりはずれたり、容貌の面で支障が出るため、部品を小さくする技術の進歩とともに、耳介の部分だけでよい「耳かけ型」、耳に差し込むむだけでよい「耳穴型」が開発されました。空気が入ることで「ピーピー」とハウリング音が鳴るので、樹脂で耳の型をとり隙間を失くす技術、特定の音の高さを増幅させることのできるデジタル式等も開発されました。 どの補聴器にするか、補聴器の選び方も迷うところです。 お勧めの選び方は、耳鼻科や補聴器専門店で正確な聴力を測定し、きちんとアドバイスを受け、十分に吟味することです。 専門家に相談し、どの音域を増幅させたいか、どういう状況で使用することが多いのか、両耳挿用にするかなど十分検討し、価格やタイプなど自分の生活にあったものを決めるのが良い選び方です。